スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれやらこれやら色々と

2013.07.06.Sat.10:29
今日はようすけさんの命日です。

あれから6年経ちました。

ようすけさん、虹の橋を渡ったお友達には会えたかな?

きっと、心細いと思うので仲良くしてあげてね。



やっとお天気もよくなったので、早朝散歩再開。 

せっかく慣れたのに、2~3日間があくと、やっぱ眠いです。


s-20130706o1.jpg

あれれ、3羽しかいない・・・。

巣立ってしまったのか?


s-20130706o2.jpg

と思ったら、帰ってきました。

飛ぶ練習かな?

かーちゃんと勘違いして、でっかい口あけてる勘違いな子がいます。

ぷぷ。 


s-20130706o3.jpg

あら、またいない。 


s-20130706o4.jpg

よかった、帰ってきた。

こうやって、どんどん本格的な巣立ちに備えて、練習して、

また練習かなと思ってると、帰ってこなくなるんだよねぇ・・・。

寂しいけど、ま、仕方ない。

また、来年も来てくれるように期待しましょ。 



さて、ここからは、ちいと私事、日記として書きます。

長いので、読みたくない方はスルーしてくださいませ。

5月中旬、手先足先がしびれるので整形外科に行きました。

2年前から、頚椎やら腰椎やらを痛めて、たまにしびれが出る事はあったけど、

しびれやむくみが丸二日間ずっと続いたので、慌てて整形外科へ。

手足両方同時にしびれるって事は、糖尿病かもと言われ血液検査しました。

でも、血液検査もレントゲンで骨の異常もなし。

頚椎、腰椎の神経見るため、前に通ってた設備の整ってる総合病院でMRI撮影。

結果、

「腰椎は4番5番が少し飛び出てて神経に触ってるもかもしれないけど、

そう大した事はないですよ、狭窄症ではないので大丈夫。」

って事で一安心。

「でもねぇ・・・、甲状腺に1cmの腫瘍があるらしいですよ。」

と言われて、がーーーーーん。 

甲状腺腫瘍?!

「何にしても、うちは整形外科なので大きい病院の外科行って。」

と言われて、前に卵巣のう腫で通ってた、MRIを撮った総合病院の外科へ。

外科の診察で1時間待たされ、そこで

「うちでは科が違うので内分泌内科甲状腺外来へ行ってください。」

と言われて行ったはいいけど、診察まで3時間待ちと言われて、日を改める事に。

1週間後、若くてはきはきした女医先生に、

「甲状腺腫瘍は症状もないし、大きくなってきて、初めて気付く事が多いんです。

 同じ年代の人10人集めたら、2~3人はいますよぉ。」

と言われました。

でもねぇ、やっぱ腫瘍と聞くと一抹の不安・・・あるよね。 

腫瘍マーカーとエコー検査のち細胞診。

細胞採ってから結果が出るまでの1週間、歳を重ねて色々経験してるとは言っても、

やっぱどきどきひやひやするよねぇ。 

おかげさまで、昨日聞いてきた結果は「良性」。

「ま、甲状腺の組織が変化して、ほくろができたようなもんだから安心して。

 でも、絶対ガン化しないとは言えないので、1年に一回は経過観察で、

 腫瘍マーカーの血液検査とエコー検査と細胞診はやっていきましょう。

 じゃ、また来年きてくださいね。」

と言われて、帰ってきました。

くちょー、せっかく卵巣のう腫が治って、この病院とも縁が切れてたのに、

それもたった1年だけだなんて・・・。

でも、よく考えれば頚椎のMRI撮らなかったら甲状腺に腫瘍があるのなんて、

分からなかったんだから、早期発見できて運がよかったのかもねぇ。

そうそう、手先足先のしびれむくみですが、

携帯をずっといじってたのをやめたら、だんだん引いて行きました。

どうやら、ずっとうつむいてたりして姿勢が悪かったのが原因みたい。

へへへ・・・。 


だんだん暑くなってきてのお店の繁忙期、旦那の予定と繰り合わせして、

病院行く時間をもらうにも大変な時期でして。

「ひょっとしてガン?!」ってなのもあって、気ぜわしいこの2ヶ月の間に、

母のわがままや気まぐれで、「あーでもない、こーでもない」と付き合わされ、

引きずり回され、あっちからもこっちからも心乱されて、イラついて爆発して。

あとで「言いすぎたかな。」後悔して、ちょびっとだけ落ち込んだりもしましたが、

ま、それも「良性」のひと言でチャラかな。

甲状腺さん、長い付き合いになるかもだけど、どうか暴れないで静かにしててね。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。